Support

Support Options

Report a problem

 
You are here: Home / Reports / イルカ介在療法のこれまでとこれから / About

イルカ介在療法のこれまでとこれから

By Maya Kadota, Tadamichi Morisaka, Kazunobu Furuta, Naoki Kamezaki, Dai Oya

Category Reports
Abstract

動物は,人の生活のいたるところに存在して いる。歴史的にもその関係は非常に深く,紀元 前一万年前の旧石器時代に描かれたというスペ イン,アルタミラ洞窟の野牛,馬,トナカイな どの壁画などからうかがい知れる。人にとって 動物は食べ物としての存在や生活を脅かす存在 であったが,歴史が進むにつれ,より多くの関 わりをもつようになる。信仰としての対象,愛 玩としての対象,家畜としての対象,生活を補 助する道具としての対象などである。

Submitter

Mason N McLary

HABRI Central

Date March 2015
Translated Title Perspective of the Studies for Dolphin Assisted Therapy : Differences between wild and domestic dolphins in the clinical scenes
Pages 9
Publisher 京都女子大学
Location of Publication Kyoto, Japan
URL http://hdl.handle.net/11173/2109
Language Japanese
Tags
  1. Animal-assisted activities
  2. Animal-assisted therapies
  3. Animal roles
  4. Animals in culture
  5. Animal welfare
  6. Clinics
  7. Dolphin-assisted Activities
  8. Dolphins
  9. Health
  10. Mammals
  11. Pet ownership
  12. Pets and companion animals
  13. Physical environment
  14. Social Environments
  15. Wild animals
  16. Zoo and captive wild animals
  17. Zoos